麗しき姫たちの薫り講座Ⅳ「クレオパトラの薫り」 レポート

一覧へ戻る

2017.01.20

東京にも雪が舞い、今シーズンいちばんの寒波がやってきました。


皆様、元気でお過ごしでしょうか? LIFEスタッフの渡邉です!


 


寒い冬も、精油のパワーで体調を整えながら健康に過ごしたいですね。


1月17日、プリマヴェーラオーガニックライフトウキョウでは、


香水作りワークショップ『麗しき姫たちの薫り講座Ⅳ ~クレオパトラの薫り~』が開催されました。 


お香の分野でご活躍されている自然療法士の長谷川弘江先生を講師にお招きして、大人気の毎月開催している『麗しき姫たちの薫り講座』。


シリーズ最終回の今回は、魅惑の美女クレオパトラの薫りにちなんだ、魅力的なお話とお香作り&香水作り体験ができる講座となりました!


 image120-3


古代エジプトの美女として知られるクレオパトラはバラをふんだんに使って、その時代に活躍したカエサル=シーザーやアントニウスを魅了していたと言われています。


エジプト王朝では、「キフィ」と呼ばれる、16種類の植物を混ぜた丸薬状のものを焚いていたそうです。今回のワークショップでは、このキフィを再現したお香作りを体験しました!


乳香、ジュニパーベリー、ミルラ、レモングラス、ローズなどに加え、ベンゾイン、白檀、沈香、マスティックという古代ギリシャ特産の木のパウダーなどを調合しています。


普段なかなか見かけない珍しい植物の樹脂やパウダーを実際に手に取ったり、香ったりして調合するのは、とても貴重な時間となりました。


エジプトでは、おしゃれ目的だけにとどまらず、感染症対策や快眠などの薬効にも期待されて使われていたそうです。


香水作りでは、シダーウッド、ジュニパーベリー、レモングラス、ローズ、フランキンセンス、ベンゾイン、ミルラ、シナモン、カルダモンの他に、


プリマヴェーラ精油にしかない「蜂蜜オイル精油」の甘い香りが皆様にご好評でした!


講師の長谷川先生は、「香水の調合の際にいちばん重要なのは、まずその香りが好きかどうか。ローズが高価だからといって苦手なら入れなくても良いのです。その次に、使うシーンやお悩み、時間帯を考えて調合するのが大切です。」と笑顔で仰っていました。


image120-4


参加者の皆様はクレオパトラに想いを馳せ、ご自身の心と相談しながらブレンドを楽しんでいらっしゃいました。ローズやレモングラス、爽やかでスパイシーな香りがお店いっぱいに広がっていました。


皆様から大変ご好評をいただき、4か月に渡って開催された『麗しき姫たちの薫り講座』は終了致しました。ありがとうございました。


次回のワークショップは、


「天体・星座と対応するエッセンシャルオイルとハーブ」を元に、星座に関する楽しいワークショップを企画中です。


詳細が決まり次第、皆様にわくわくして頂けるワークショップ情報をお伝え致します。


 

一覧へ戻る

人気のブログ記事