About

  • プリマヴェーラとは
  • PRIMAVERAの歴史
  • クオリティ
  • パッケージへのこだわり
  • PRIMAVERAのシンボル

HOME > プリマヴェーラについて > プリマヴェーラの歴史

プリマヴェーラの歴史

プリマヴェーラ LIFE社

純粋な精油の香りに魅了され、天然の香りのすばらしさを伝えたいという想いから、
1986年春にプリマヴェーラ LIFE社は設立されました。会社のシンボルとして自然との調和を重んじ、草原の草木を蘇らせる力の化身であるローマ神話の“春の女神”パーティンを選びました。現在ではこの“春の女神”は、クオリティーの高い自然化粧品と、もっとも純粋な精油の品質の証とされています。
プリマヴェーラの製品は世界30か国で販売され、自然の香りに触れ、自然と共存するライフスタイルの心地よさ、
生きる喜びのメッセージを伝えています。

ウーテ・ロイベ社長と(創設者)

HISTORY

1986年 5月
ザルツベルグに会社設立。自宅の地下室の小さな蒸留所からはじまる。
1987年 7月
最初の3種のブレンド(コンセントレーション、リラックス、インスピレーション)を開発。
ホームケアブレンド精油&ルームスプレーの前進。
1987年 11月
マリア-ケッテンリングによる『精油でファンタジーに満ちた料理を』(Joy出版)でアロマクキングを考案。料理用の精油の販売を開始。
1989年 9月
フランスのPLANETS AROMATIQUEへ最初の香りの旅を催行。
1989年 10月
ピエモンテデメター共同体‘AGRONATURA’と連携はじまる。
1989年 12月
南ネパールの栽培プロジェクト‘SHAMBHALA’との連携はじまる。
1990年 5月
ブータンの栽培プロジェクト “LEMONGRAS”・との連携はじまる
1992年 6月
トルコのTAURUSプロジェクトがオーガニック栽培に切り替えるのをサポート。
最初のオーガニック・ローズ精油が生産される。
1994年 2月
ニュルンベルグワールドオーガニックフェア『BioFachメッセ』スタート。
プリマヴェーラをプリマヴェーラ LIFEと社名変更し初めて出展
1999年 5月
アロマエキスパート(植物療法のスペシャリスト)の養成を開始
2000年 10月
ミレニアムを記念してクリスマス商品にアドベントカレンダーを発売。
世界中で話題となる。この製品がきっかけとなってプリマヴェーラのクリスマスギフトが毎年ラインアップされるようになる。
2006年 8月
オイ・ミッテルベルクのロジスティックセンターの建設がはじまる。
2008年 3月
オイ・ミッテルベルクロジスティッククセンター完成
2008年 4月
オイ・ミッテルベルクの新社屋の建設がはじまる。
2009年 1月
NATRUE設立メンバーとして立ち上げに携わり、化粧品のランクアップをすべて、BDIH認証からNATRUE認証に切り替える。
2010年 10月
オイ・ミッテルベルクの新社屋完成
2011年 5月
新社屋完成祝賀会が開催される
2012年
ウーテロイペ社長、ヴーヴクリコ2012年アントルプレーナーオブ・ジ・イヤー受賞
2013年 1月
インド栽培プロジェクトのパートナーとして、インドの環境保護財団『ナブダーニャ』提携
2013年 2月
GREEN BRANDS GERMANY受賞、新社屋がCO 2 ニュートラルSOIL & MORE INTERNATIONALを受賞