2013年、新たにインド栽培プロジェクトのパートナーとして、インドの環境保護財団「ナブダーニャ」が仲間入りしました。

一覧へ戻る

2013.05.01

 2013年の春のコレクションのための素晴らしい共同パートナーとして、インドの環境保護財団「ナブダーニャ」が仲間入りしました。
PRIMAVERA LIFE社は、この春の限定ギフトに、ナブダーニャが支援する農家の女性たちによって手作りされた、アームバンドや、その農家で栽培されたオーガニックコットンを使用したエコバックなどと、セットにした香りの商品を発売しました。
この収益の20%を、財団に寄付し彼らの活動をサポートします。


NBINBS-medium_


 

ナブダーニャ組織とは‘9種類の種子’を意味します。


この組織は20年以上前にVandana Shiva博士によって設立され、伝統的な食用植物の種子の確保と遺伝子操作技術に反対するために尽力してきました。
ヒマラヤの麓の試験農場での結果は、この地の自生種子と農地での生態多様性は健康な食料をもたらし、農家の収入が増えることを示しました。
ナブダーニャが宣言する目標は、オーガニック栽培を促進し、農家が自分の種子をもつことによって、巨大な種子販売コンツェルンから身を守り、彼らに依存しない体制をつくることです。
こうして住民は良質な食料品を自分で調達できるのです。
種子はあらゆる生命の出発点です。


この宝を多様性のままに維持し、誰にでも入手できるようにすることは、すべての人をサポートすることに役立ちます。


現在までにインド全体で46の種子バンクが設立され、約65万の小規模農家を助けてきました。
毎日この数が増えるように、この運動にご参加ください。


 

一覧へ戻る

人気のブログ記事