ショッピングバッグに
商品はありません

5,400円以上で送料無料

ショッピングバッグをみる


「5月のおすすめ精油」

一覧へ戻る

2019.04.25

ゼラニウムとは、フクロソウ科の花で、南アフリカを中心にシリアやオーストラリアなど、広範囲で生息しています。一般的にゼラニウムというと200種類以上あり、一年草、多年草、低木など、数多い種類が存在しています。観賞用によく見かけるゼラニウムは、厳密にいうと精油に使われるゼラニウムとは違う属科に属します。精油に多く使われるPelargonium graveolensは、1m位まで成長する多年生の低木で、ピンク色の花を咲かせます。ゲラニオールやシトロネロールなどローズ精油と同じ芳香成分が多く、高価なローズの代用品としても使われています。ゼラニウムには心と体に起こるさまざまなバランスの乱れを整える働きがあるといわれています。自律神経のバランスを回復させて、特にホルモンバランスを整える作用は、PMS(月経前緊張症候群)や更年期の症状に効果を発揮します。イライラする、フラストレーションが溜まっているなど、乱れてしまった心のバランスを整えます。気分が落ち込んでいるときは元気を与え、気持ちのアップダウンが激しいときは、それを落ち着かせてくれます。抗炎症作用がとても優れている精油のひとつです。皮脂分泌のバランスを整えるため、あらゆる肌タイプに有効です。細胞の成長を促進する作用があるので、特に加齢肌のお手入れにおすすめです。ニキビケア、セルライト予防などにも利用できます。これから暖かくなり、生活の臭いが気になる季節。優しい花の香りで、虫よけの作用もあるのでルームスプレーやごみ箱の消臭、クローゼットの防虫に使うのもおすすめです。


 

一覧へ戻る

人気のブログ記事