PRIMAVERA

PHILOSOPHY

PRIMAVERA LIFE社は純粋な精油の香りに魅了され、天然の香りのすばらしさを伝えたいという想いから、
1986年春に設立されました。会社のシンボルとして自然との調和を重んじ、
草原の草木を蘇らせる力の化身であるローマ神話の“春の女神”パーティンを選びました。

現在ではこの“春の女神”は、クオリティーの高い自然化粧品と、もっとも純粋な精油の品質の証とされています。
プリマヴェーラの製品は世界30か国で販売され、自然の香りに触れ、自然と共存するライフスタイルの心地よさ、
生きる喜びのメッセージを伝えています。

サイン

植物のパワーを最大限に

生命力にあふれた植物にストレスを与えることなく、種まきから蒸留、圧搾までを栽培された土地でおこないます。
植物が最もパワフルな季節と時刻に収穫し、フレッシュなうちに精油やエキス、オイルにします。
植物の魂である「精油」、植物エネルギーの貯蔵庫「植物オイル」・・・植物のパワーはプリマヴェーラのすべての製品に生きています。

生命力あふれるオーガニック原料

プリマヴェーラの化粧品原料は厳しい基準をクリアしたオーガニック認定原料です。
ドイツの伝統的な植物療法や芳香療法を最大限に取り入れた製品づくりをおこなっています。
100%天然の精油、植物オイル、植物エキスを用いたレシピで、素肌の美しさと心の健やかさを大切にしたライフスタイルを提案します。

自然と人間へのリスペクト

製品をお届けするお客様をハッピーにするだけではなく、原料の生産者を、地球全体をハッピーにしなければならないとプリマヴェーラは考えます。
世界中のオーガニック栽培農家とのパートナーシップを大切にし、植物を育む自然へのリスペクトを忘れません。
設立当初から、地球のエコロジカルなバランスを保つというビジョンを栽培パートナーと共有しています。

環境に配慮したエコボトルを使用

PRIMAVERAは可能な限り持続可能な包装に取り組んでいます。
「リサイクル可能なエコボトル」と、「環境にやさしいUV保護コーティング」を使用し、梱包材は最小限に抑えています。
外箱を必要とする製品には、再生紙または森林認証制度を受けた木材の紙を利用し、
印刷には、「化学薬品不使用の印刷版」と「鉱物油不使用のエコ印刷インク」が使用されています。

フェアトレード

フェアトレードとは、発展途上国で作られた原料や商品を適正な価格で取引し、生産者の生活向上につなげる貿易の仕組みです。
PRIMAVERAは、生産者、農家、協同組合と協力的なパートナーシップをおこない、製造原価と市場の状況に基づいた公正な合意のもと、
購入価格・数量を決め、長期的な契約を保証しています。
さらに原料の品質維持、労働環境の整備などを通して生産者の生活向上をサポートしています。

社会貢献プロジェクト

BioBhutan・Soapプロジェクト支援

PRIMAVERAは、栽培パートナーBioBhutanと長年にわたりパートナーシップを築いてきました。
Soapプロジェクトでは、ジンジャー・マスタードオイル・レモングラスなどの地元の薬用植物を原料としたオーガニック石鹸を生産しています。PRIMAVERAはフェアトレードのもと、石鹸の輸入・販売を行い、その収益は農家とそこで働く女性の自立支援に役立てています。現在までに100件以上の農家の生存・拡充をサポートしてきました。

BioBhutan・Soapプロジェクト支援

ブータン青少年育成基金

ブータン青少年育成基金とは、貧困や生活困窮の状態にある若者の生活改善と、経済的自立を目的とした支援プロジェクトです。教育においては、学校の授業料と教材に加えて宿泊施設と食事も提供し、奨学金制度と研修プログラムによる就労支援も行っています。ブータンの将来を担う若者たちに対して、平等に教育、職業、潜在的な才能を育てる機会が与えられるよう取り組んでいます。

ブータン青少年育成基金

Navdanyaを支援

Navdanya(ナブダーニャ)とは、生物多様性や種子の保全、有機農業を促進する団体のことです。1987年、環境運動家で科学者として知られるVandana Shiva(ヴァンダナ・シヴァ)によってインド北部のウッタラーカンド州に設立されました。
Navdanyaの目標は、伝統的な在来作物や遺伝子組み換え作物の種子を確保することで有機農業を促進し、安全な食糧を調達することと、農家の人々が自立して暮らせることです。
現在までにインド全体で46のシードバンク(種子銀行)を設立し、約65万の小規模農家を支援してきました。PRIMAVERAはNavdanyaと共に、持続可能な有機農業をサポートしています。

Navdanyaを支援