PRIMAVERA

QUALITY

PRIMAVERA製品のポリシー

PRIMAVERA製品のポリシーイメージ

PRIMAVERAはあらゆる原料の品質・純度、および栽培と製造の持続可能性において高く厳しい基準を設けています。
化学肥料と化学農薬不使用、遺伝子操作フリーのコンセプトに基づくオーガニック栽培プロジェクトを積極的に展開し、
乳化剤は食用のもの、香料や色素、保存料もすべて天然です。合成添加物、パラベン、遺伝子操作植物なども一切使用していません。

PRIMAVERA製品の基準

PRIMAVERA製品の基準イメージ

精油(エッセンシャルオイル)

BIOアイコン

bio/kbA

EU基準の管理された有機農法に則って栽培・抽出され、オーガニック認証を受けています。

 

Ws:野生採取

自然に自生し、機械を使わず手作業で採取される野生植物です。野生種については限られた住民のみ採取のライセンスを交付することにより、乱獲を防ぎ、採取方法にも的確なルールを設けるなどの法的な採取制度が保証されています。野生植物は自然のエネルギーを最も多く含みます。

demeterアイコン

demeter:デメター

思想家・哲学者であるルドルフシュタイナー(1861~1925)が提唱した、有機農法の一種である「バイオダイナミック農法」で育てられた農産物は『デメター品質』として認定れ、最も安全な製品の評価を受けています。デメター製品を扱うためには生産者だけでなく、加工業、流通業も、デメターとパートナー契約をかわす必要があります。

自然化粧品

NATRUEアイコン

NATRUE:ネイトゥルー

PRIMAVERAの化粧品はすべてNATRUE(ネイトゥルー)の認定を受けており、天然素材に対する厳しい基本要求をすべて満たしている「自然化粧品」です。また、すべての原料について、本来の特性を損なわないための加工方法に関する基準(BDIH基準に対応)もクリアしています。

動物実験フリーアイコン

動物実験フリー

うさぎを手で守っているこのマークは、化粧品業界における動物実験に反対する国際的生産者団体のロゴです。この団体が制定した、世界で最も厳しい動物保護に関する指針に則った製品製造がなされていることを表しています。PRIMAVERA製品のすべての原材料はIHTNで認定された原料のみを使用し、動物実験が行われていないことを1979年までさかのぼりチェックし、厳格な原料選択をおこなっています。

PRIMAVERA製品の品質保証

PRIMAVERA製品の品質保証イメージ

 

原料は厳しいガイドラインに従い、PRIMAVERAの専門スタッフ(化学分析チーム)により厳重にチェックされています。
官能分析や農薬検査、微生物検査、密度測定、GC/MS(ガスクロマトグラフ質量分析)等をクリアした製品のみ使用しています。

ISO9001アイコン

外部の独立した組織(EUオーガニックテスト、デメター試験、NATRUE、ISO9001:2000)による定期的なテストも実施しています。

充填時にアルゴンガスを使用

すべての精油と植物オイルは、酸化防止のため充填中に不活性ガス(アルゴン)の層でコーティングされ、最適な保存期間が確保されています。

安全性への配慮

精油のキャップ(蓋)は、子どもが簡単に開封できないように「チャイルドロック構造」(押しまわして開ける構造)になっています。
また、保存料や添加物を一切使用せず、常に新鮮な状態を維持するため主に容量が5mlの商品を提供しています。

UV保護

容器は製品の品質を一定に保ち、使用する人が安心して最後まで使い切るという重要な役割を担っています。
PRIMAVERAでは可能な限り、グリーンまたはブラウンの遮光瓶を使用し、その一部は環境に優しい水性UV保護ラッカーでさらに処理されています。
これによりUVC、UVB、UVAの範囲(200〜325 Nm)で100%のUV保護を保証しています。